申年の梅 平成28年産白干梅 100g   600円(税込)



 

 
【申年の梅のいわれ】
 
古来より申年には天災が多く、災いがふりそそぐという言い伝えがあります。
 
平安時代に都で疫病が大流行した際に、村上天皇が梅の力で多くの人々を病から救い、自らも梅の力で病を克服したと伝えられています。その時の梅が申年に収穫された梅だったことから、申年の梅は薬になると珍重されています。
 
様々な説がありますが、「申」と「去る」をかけて「悪いものが去る」という意味でも、縁起が良いと言われています。
 
平成28年に収穫して漬け込み、干し上げた12年に一度の貴重な申年の紀州南高梅です。ご自宅用はもちろんですが、大切な方たちへの贈り物にもおすすめです。
 
※年数を経て熟成された梅干しは塩気がまろやかに変化していきます。
※申年の梅のお話付き。
 


 
【塩分 約18〜20%】
 

  • 名称:白干梅干し
  • 原材料名:梅、食塩
  • 原料原産地名:和歌山県日高郡みなべ町(梅)
  • 内容量:100g
  • 賞味期限:製造日より約2年
  • 保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存してください。

 
【送料】
本州は800円  / 北海道・沖縄・離島への送料は1,400円となります。